マレーシアの丘の田舎:キャメロン ハイランド

タパーからタナー ラタからのバスは、ジャングルに覆われた中や霧がかかった丘をゆっくりと険しい坂を登っている。私はマレーシアで一番大きな丘である、キャメロン ハイランドに行く途中である。 各100メートル程のあたりには、様々な角度から精巧されて建てられたヤシの木の葉の小屋があり、男性や男子が横並びの果物や過大な豆を売ろうと待っている。 小さな子供たちは、木材とシダの葉でできた草ぶき屋根やうね状になった鉄でできた掘っ立て小屋でできて丘側に位置している村の外に座り、興味深くバスを見ている。 名前からして、イギリス人たちがこの丘を保養所として設立したことに驚かされないであろう。イギリス人の測量者、ウィリアム キャメロンは1885年、この地域を植民政府のために測定し地図を作った。

マレーシア、キャメロン ハイランドの茶農園の景色   
                   写真:ナターシャ ヴォン ゲルデン

バスが高く山をのぼり、キャメロン ハイランドへ近づいてくると、タナー ラタの真ん中あたりに広大な茶農園が見える。 波打っているカメリア シネンシスの森林にある傾斜面の段地は、急斜面の丘にあり、絶え間なく引き抜かれている所から低めに育っている。そのあたりには、市場庭園、イチゴ農園、バラ農園があり、そして道路の横には自然の花が生えている。 標高1200メートルに心地よく収まっている山岳地帯では、日中25度以上になることはなく、夜は12度まで下がる。とても熱い下の平原と比べると、ここはずいぶん変わった形で歓迎してくれる。 第2次世界大戦と日本軍の占領で楽しみは苦しみと引き換えに中断されたが、戦後キャメロン ハイランドは私たちが今日知る観光地へと少しずつ変わってきた。 キャメロン地帯の静穏は、過大な開発によって妨げられていない。伝統的な祖先の神殿や、ゲストハウスやレストランに並んで保守的なモスリム教とヒンズー教の価値が守られている村生活がさえぎられることなく続いている。 マレー系、中国系、インド系の人々の食べ物がいたるところにあるマレーシアの光栄ある多文化の混合は、タナー ラタを見ればすぐに明白である。スリ ブリンチャングの中心にある道路で、私は(キャメロン地帯にいる間の毎日)今まで食べた中で格別のバナナの皮の上に置かれた野菜サリをおいしくいただいた。それから、紅茶も。。。 スグ パラスのボア茶農園へ行く曲がりくねった道を歩いていると、緑色の葉っぱを巨大な大袋へ集めている何人かの労働者たちの前を通った。

マレーシア、キャメロンハイランドで葉を収穫している労働者達
                   写真:ナターシャ ヴォン ゲルデン

毎年ボア会社は気の遠くなるような数の、400万キロの茶を製造する。これはマレーシア国内の茶生産の約70%を占め、ここキャメロン地帯のフェイリーは中でもとてもきれいな農園である。 緑の大地に囲まれ、小さな「村」そして長く青で塗られた建物には、労働者が住み、茶を製法する機械、貯蔵そして、もちろん茶室が備えられている。 茶の葉っぱは3週間ごと、朝引き抜かれ、すばやく工場へ運ばれ、乾いてしおれされ、回転され、発行され、乾燥され、選別され、それから賞味される。 スグ パラスのガイドは、キャメロンハイランドの標高、低音そして酸化土壌の影響で彼らの茶は高級ワインのような特徴を持っていると、誇り高く述べている。

マレーシア、キャメロンハイランドの茶農園の村
                   写真:ナターシャ ヴォン ゲルデン

この辺はいくつものポピュラーなハイキングコースがあり、タナー ラタの中心から離れた地域にあり私が泊まっていたゲストハウスに近い所から、私は何回かハイキングへ行った。 木には着生植物で優美に覆われ、エキゾチックで猿のような植物、通称-モンキーカップとシダでできた巨大な鳥の巣がある。 ターザンの世界のように、リアナという“つる性植物”と一緒に小川が飛び出ている景色は、上品な茶農園や植民時代の初期の大邸宅とは別世界である。 旅行の最終日に、私はタクシーに乗ってバテゥ ブリンチャング山の展望台へ行った。2301メートル(6663フィート)の景色は驚くべきものである。生い茂る緑の山々には、霧が追い包まれている盆地にある茶農園の曲がりくねった線が。鮮明に見える。 バンコクにあるジム トンプソンの家を訪れたことがあるなら、シルク貿易で金持ちになったこのアメリカ人がここキャメロン地帯で最後の生活を送ったことを知っているだろう。トンプソンは1967年にバンガローで休暇をとっていた際、突然なぞにつつまれて消えてしまった。

大掛かりな公共とプライベート調査をしたにもかかわらず、彼は見つからなかった。彼はハイキングコースのない森林で影をなくしたのか、さらわれたのか、わざと蒸発したのかは誰も知らない。私自身はキャメロン地帯を去ることは、まず考えられない。

One Comment

  1. Posted September 13, 2014 at 9:19 am | Permalink

    We’ve areivrd at the end of the line and I have what I need!

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*