クアラルンプールの隠くされた植民地時代の宝

古い時代としての基準からすると古代都市には間違いないマレーシアの首都、クアラルンプールはマレー、イスラム、中国、( 特に) 植民地時代のイギリスの影響を受けた魅力的な歴史を持っています。

1963年にマレーシアが誕生し、その後マラヤ連邦が終わりを告げ、1800年前半にイギリスによって植民地的に支配された頃からの印象的な植民地時代の建築が今でも残っており、そのほとんがクアラルンプールのフ古い町に集まっています。

町が作られた当初から持っていたこの他民族の特徴が植民地時代の建築遺跡に反映されています。イギリスに支配されてからクアラルンプールが好景気を経験したため、植民地的ランドマークは現代のガラス、鋼、コンクリートの建物の中に隠された宝のようなものなのです。

「昔のクアラルンプール」に興味のある方は町の歴史的特徴を有益な探索として経験できるよう焦点をおいた無料のシティガイド、アーチアースガイド(AEG)などを入手することができます。

Starから抜粋

マレーシアでは初と宣伝されている、この無料のウォーキング&ツアーマップはクアラルンプールの歴史的建築物、その歴史と建築詳細、町の知られざる話をハイライトしている。

市民の間ではよく知られているスルタン・アブドゥル・サマド・ビルはクアラルンプールの他民族の個性がイギリスの植民地的影響とブレンドした例の1つです。建築当時のセランゴール州のスルタンから名づけられ、建築家のACノーマンによってデザインされ、1897年にイギリスの政権の場として完成しました。ノーマンはムーア人の影響を使用し、建物にアジアやイギリスではなく、北アフリカやイベリアの特徴を持たせました。英国スタイルのクロックタワーを除いては。ムガル建築のようにも見え、どちらかといえばインドにありそうだと言う人もいますが、それは自然と「寄せ集め」になってしまう植民地的建築の個性なのです。

Sultan Abdul Samad Building.

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル。撮影:Lerdsuwa (Wikimedia Commons)

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルの前にはデタラン・ムルデカ、またの名を独立広場があり、当時の植民地役員がここでクリケットをしていました。クアラルンプールのほとんどの植民地建物遺跡はオールドタウン、デタラン・ムルデカ付近に残されています。

スルタン・アブドゥールのゴンパック川の向かいにはマスジッド・ジャメ・モスクがあり、これもまたACノーマンによってムーア・ムガルスタイルにデザインされています。モスクの隣にはイスラムの玉ねぎ型ドームと精巧なアーチの治安判事裁判所があります。旧最高裁判所も似たような外観であり、デザインしたのはこれもまたもちろん(この地域のほとんどをデザインした)ACノーマンです。この地域のその他の似たような建物には旧郵便所、旧市役所、そしてテキスタイルミュージアムがあります。

もっと他にも真剣にクアラルンプールにある古イギリスを探している方はむき出しの木目に白い壁のクラシックなチューダースタイルのロイヤルセランゴールクラブをおすすめしますが、元の建物は1970に燃えてしまったため、現在の建物はその後再建されたもの、ということはお伝えしておきます。ですがセント・メアリー大聖堂は1894年からあり、英ゴシックスタイルに作られています。

Old Town Kuala Lumpur.

オールドタウン クアラルンプール。撮影:IK’s World Trip (Flickr)

クアラルンプールの真の宝はマレーシア建築機関(PAM)であり、1909年に作られ高級住宅とホテルとして使われていました。レストランもあり、植民地的建築は内観から確認することができます。PAMの隣にはウィスマ・エクラン、建築家AOコルトマンによって出人された、美しいアートデコ建築があります。

オールドマーケットスクエアの植民地的建築の前にはレブーパサールベサールという建物の正面が向いていますが、色あせた退廃が好きだけど、モダン建築物と並んでいても構わないという人には魅力的です。

広場のクロックタワーは1937年にイギリスのジョージVI王の即位を記念して作られ、アーチ型の窓とベランダのある古い色鮮やかなショップ退廃の中ではとても未来的に見えます。

もう1つのクアラルンプール、オールドタウンの宝はOCBCビルであり、アートデコスタイルが好きな方は満足すると思います。1938年にオーバーシーズチャイニーズ銀行のために作られ、その地下には自転車駐輪エリアまであるそうです。

OCBC Building.

OCBCビルディング。撮影:Two hundred percent (Wikimedia Commons)

もう1つのアートデコ建築がオリエンタルビルディングであり、1930年にマレーシアのラジオ局のために作られました。

オールドジャンシンビルはイスラム、オランダ、イギリスのスタイルをブレンドしたようなデザインです。ここでは昔名前の由来となったショップハウス兼テキスタイル会社が連なり、これもまたクアラルンプールの今でも続く他民族の一面を見ることができる例です。

クアラルンプールの植民地的ランドマークの簡単な紹介はこれで終わりです。もう1つ触れておきたいのはクアラルンプールレイルウェイステーションです。

クアラルンプールヘリテージトレイルをこのGoogle mapで見てこのかくされた植民地時代の宝の場所を把握してください。

他にも見ておきたい建物の中に伝統的なホテル、Rumah Penghulu Abu Semanがあります。

参照:

British colonial beauty in Kuala Lumpur

Kuala Lumpur’s Colonial Influences

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*