キャメロンハイランドでハイキング

キャメロンハイランドはチチワンサドライビングレンジの角に腰掛けるヒルステーションであり、マレーシア半島残り最後の原生林といわれています。ここでは鮮やかなオーキッドを含む植物を楽しむ機会も多々あります。

A view of tea in the Cameron Highlands, Malaysia.

キャメロンハイランド、マレーシアのお茶の眺め。撮影:ウィル・エリス、レディング、イギリス、Flickr

いくつかのトレイルはマークが不十分なため、トレイルを歩くときは何らかのガイドを持参することをおすすめします。いくつかのゲストハウスでは無料で散歩ができたり、多数のお店やホテルでは地元のトレイルを示した地図が売られており、自分だけで行けるか行けないかどうかも教えてくれます。

ハイランドの標高のおかげで気候はとても涼しく、登る苦労もさえ楽しむことができます。ただ食べ物やスナック、雨具は持参し、必ず誰かに目的地を教えてから出発しましょう。

Orchid flowers in a flower garden, Cameron Highlands.

フラワーガーデンのオーキッド、キャメロンハイランド。撮影:Saravanan

パリット滝(30分)

これは中でも簡単なトレイルであり、地図にはトレイル4として表記されており、タナラタ町の中心にあるオールド・スモークハウスの近くのセンチュリーパインリゾートからスタートします。トレイルは苔で覆われて湿っており、足元にはたくさんの木の根がありますが直接滝へと繫がっています。滝の近くには9メートルほどの高さの展望台へ行けるサイドトレイルがあり、そこからキャメロンハイランドの茶畑が一望できます。

ロビンソン滝(1時間)

この少し長いタナラタからのトレイルはもっと素晴らしい滝へと繫がっており、これもまた頻繁に歩かれている選択肢です。このトレイルは町の南東、マルディへの道からスタートします。

ボー・ティー園(3時間)

散歩と一緒にキャメロンハイランドの有名な資源、お茶を味わい方はボー・ティー園へのルートをおすすめします。ホームページによるとここは「マレーシア最大のプレミアムブラックティーを生産しており、国内のナンバーワンブランド」だそうです。これが本当かどうかはご自分で確かめてみてください。ここへ行くには9Aトレイルを歩き、ロビンソン滝を通過してハブ・ビレッジのメインロードへ進み、そこを左に曲がってからさらに3キロを歩きます。

The BOH Visitor Centre.

BOHビジターセンター。撮影:Loke Seng Hon

グヌン・ベレンバン(4時間)

標高1840メートルにあるグヌン・ベレンバンは中級レベルのハイキングであり、これもまたよく歩かれているトレイルです。頂上へ向かう道はいくつかあります。タナラタからはトレイル7を、ブリンチャンからはサム・ポー仏教寺院の裏にあるトレイル2を、ゴルフコース近くからはトレイル3、またはロビンソン滝へのルートを歩き、トレイル9から8へ進むこともできます。後者のルートが一番つらくない方法ですが、どの道を使っても頂上では素晴らしい眺めがあなたを待っています。

グヌン・ブリンチャン(4時間以上)

ここはハイランド最高の標高2032メートルあり、絶対におすすめの場所です。頂上から見られる素晴らしい景色は価値あるものですが、大抵の場合曇っていることが多いです。妨げのない頂上の景色を見るには早くに出発することをおすすめします。この旅にはガイドをつけることをおすすめしますが、ご自分で行く場合はブリンチャンの北にあるメインロードのトレイル1から出発しましょう。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*