多文化ツアー、ペナン、マレーシア

リックショー(人力車)は遊歩道をスムーズに曲がり、海岸からのそよ風に沿って、ばらばらになったコロニアル様式の建物を通った。

多文化国のマレーシアの中ではマレーシア湾の西海岸にある都市であり島であるペナンほど、活気に満ちた多文化な所はないだろう。

ペナンの首都、ジョージタウンは18世紀初期、イギリス人が東南アジアの騎手の場所として、また18世紀後半は他のヨーロッパ人たちがその権力を持ち、かつてはマラヤの立脚地であった。

かつては「東洋の真珠」と言われ、海の貿易ルートでは重要な貿易の中心地であったが、現在は繁盛でモダンな都市であり、産業も発達し、経済も著しく成長している。ビクトリア女王の記念祭に建てられ時計台、フォートコーンワリスといくつかのコロニアル様式の建物は、おそらくイギリス権力の唯一の名残りであろう。

フォート コーンワリスは、かつてのペナンのイギリスの植民地時代の名残である。写真:ジム チェニー

ルディヤード キプリングとサマーセット マウハムがペナンのすばらしい一望を今日見たら、ショックを受けることを想像したいものである。

リックショー(人力車)はチュウ クラン村の端で止まった。私は水辺を越えたところにある狭い橋と敷板を横切り、あまり豪華でないベニスを思わせる屋根ふきヤシでできたたくさんの居留地へと歩いた。

ここは19世紀ごろの旅行者たちが良く知っているいるところである。いくつかの中国人の海峡植民地の一家はここペナンに、130年以上前から住み始めている。彼らは母国の村や県に強い結びつきを持っていたが、人種のるつぼであるマレーシアで、自分たち特有の文化を生み出した。

木材でできた掘っ立て小屋にそって長い桟橋通りがあり、その終わりには漁船が停まっている。漁師達はここで、タイの海岸そして遠くはミャンマーで獲れた魚を売っている。

ペナンの水辺の村  写真:ナターシャ ヴォン ゲルデン

暗い戸口の中には、色のついた粉がまかれ、彫刻して金メッキされた神殿がある。チュー クラン村の端にある土地には、さまざまな木彫りとバヤン木の根の周りに作られた門寺がある。

静かな裏通りにペダルを進めると、リックショー(人力車)は広場に曲がり、念入りにされた金メッキと豪華に彫刻された家に到着する。

様々な中国一家はそれぞれの門家を持っている。これらの家々は普段の寺としてまた祈願目的ではなく、中国正月などの特別な時に使われる。

花こう岩でできた竜の支柱とライオンが、入り口を守衛している。コング シなどの門家は、きらびやかに記された先祖達の登録が保管されている。

ペナンのコング シ門家   写真:ナターシャ ヴォン ゲルデン

門家の一員で、社会的に高い地位または高レベルの大学の資格を得て、家族に誇りを持たせた者は飾り板で評価される。

しかしながら最近は大学卒業生が多いため、期待できるのは小さなカードと写真だけである。子としての親への敬愛と学習の価値がいろいろなところで強調されている。

ジョージタウンはユニークな建築と文化都市として、2008年にユネスコの世界遺産登録として認められ、急襲して高層ビルを押し込まれている流れから守られている。

ペナン島の多様文化は、45%が中国系、44%がマレー系そして10%がインド系である。また、ここ何世紀かの間に東南アジアから流れてきた何万人以上に及ぶ移民労働者たちもいる。

道にいると、北京語、マレー語、タミル語、英語そして中国とマレーの混血児たちが話すペナン ホッケン語が聞こえる。信仰儀式は、モスク(イスラム教)、ヒンズー寺(ヒンズー教)そして中国の祖先たちの崇拝と宗教が平等に多様されている。

これらの多様化は、ペナンの外食に大きく配当されている。繊細な味を出す中国のニョンヤ料理やインドの歓喜にあふれた、格別の味を出す料理までがある。

ニュー レーンにある屋台にあるプラスシックのテーブルにひょいと座ながら、新鮮なシーフードを口いっぱい味わい、香辛料のかかった麺とチャーシュー飯を食べていると、ペナンの屋台は世界で一番おいしいということは間違いない。

次の日、サーニービスケットをかじりながら、私はまたもやマレーシアの多文化を反映する場所を見に行くため、バスに乗って13.5キロの橋を渡って、エア イタムの周りの丘へ向かった。

ケ ロクシ寺(極楽寺)- 無常の幸福寺は、東南アジアの仏教寺の中では一番大きく、中にある大きなータワーは、伝統的な中国文化と儀式そしてマハヤナと仏教をうまく混じり合わせている。

1890年に建てらたこの寺は、お土産の売店などを通っていかなければ行けないが、崇拝する神聖な場所である。祖先とのつながりと商業の鋭敏は、ペナンでは心地よく隣り合わせられている。

One Comment

  1. Posted September 13, 2014 at 4:15 pm | Permalink

    This is the perfect way to break down this innfomatior.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*