マラッカの一日 – マレーシアの赤い都市

クアラ ルンプールからの豪華なバスから降りると、マラッカについて一番最初に気づいたことはその特有な色である。道に立ってそこを一周してみると、自分の目が信じられない。建物、ドア、舗装そして貯蔵までも付近はすべて赤である。

さて私は小さな女の子の夢世界にたどり着いたのだろうか?私はあまりにも感銘を与えられ、この町のほかの異様な特徴であるトライショー(人力車)や反対方向にある川に気づかないところだった。

カラフルに明るく輝き、燃えるような装飾をした人力車が停まり場に並んでおり、観光客がホテルやゲストハウスへ向かうのを喜ばせる、その一日の始まりを待っている。

色とりどりのトライショー(人力車)がマラッカに来る訪問者を待つ。
                          写真 ニシャ ジャ

その後ろに建物があることに気がつく。サンゴ色で塗られたシンプルだが、エレガントな教会である。その歴史は、1753年にオランダがポルトガルからマラッカ市を取った後に建てたものである。

セイント ポールの丘へ歩く。丘の上は、セイント ポール教会の荒廃である。キリスト教会のように、セイント ポール教会はマラッカの中でも大変魅惑される遺産見物であり、植民政府のときに何段階か改められている。

マラッカ特有の場所を探検には、徒歩かトライショー(人力車)があれば間単にできる。晴れの日でわずかな心地よい風と白いふわふわの雲が浮かんでいるような天候であれば、徒歩は最適である。私はユネスコ遺産である、この小さな町の本質を学ぼうとしている。この町は、古い都市に新しくペンキを塗ったようでありながら、背景には新しいショッピングセンターや高層ビルが見える。古い魅力が町全体にいろいろな方向で浸透している。

文化遺産に恵まれているマラッカは、クアラ ルンプールから南西にある小さな町である。中国の影響があるが、誰もがポルトガルとオランダの形跡を見つけることができる。

のマラッカの建物は、特有な影を持つ赤で塗られている。
写真 ニシャ ジャ

メラカとも知られているマラッカは、博物館の町とも言える。ババ ニョンヤ遺産博物館は忘れてはいけないところである。この博物館は、どれだけ中国商人たちが金持ちで裕福にここマラッカに定住したかを例証している。最初の商人は地元のマレーの少女と結婚したので、この王朝の最初の夫婦となり、それにちなんでこの博物館に名づけられた。博物館は2階建てが3件隣接しており、何世代に及ぶ文化、生活風景、衣類、うつわ、部屋そして彼らの経験などが大切に保存され、描写されている。

冷たい飲み物を飲んだ後、私は16世紀ポルトガルの要塞であった、ア ファモサで知られる、ポルタ デ サンティアゴへ向かう。崩壊された入り口が残っているだけだが、マラッカの中では一番の写真撮影のランドマークとなっている。今でも、バシバシカメラを回す観光客に囲まれている。皆一同に「ア ファモサを見学していなかったら、マラッカを訪れたことにはならない」と述べている。

ア フォモサはアジアの中で一番古いヨーロッパの建築物として残存しているものである。

ある者は、ア ファモサは全く写真を撮る場所ではないと言う。また他の者は、ここはかつて町全体から集められた石が循環して威厳となったもので、町の中で一番欠くこのでいない遺物であるという者もいる。ポルトガルが1511年にマラッカを征服し田ころ、1500人の奴隷を使って強力なア ファモサ要塞が侵略から防御するための拠点として建設された。今日ここは、アジアに残っているヨーロッパの建築の中で一番古いものである。

橋を渡って、ジョンカー通りに出ると夕方である。夕日はくれて、空気は冷たくなる。マラッカへ行くなら、ジョンカー通りは必ず行くべきだと言われた。マラッカの中華街にある狭い通りは、ジョンカー歩きとも言われている。様々な植民時代のおいしい食べ物、娯楽、土産、人工芸術を提供するだけでなく、有名なチェン フーン テン寺につながっている。

チェン フーン テン寺はマラッカ中華街の真ん中にあり、荒廃時から残存した歴史的記念碑である。1654年に建てられた寺は、マレーシアの中国寺の中でも一番古くまた、寺としての役割を果たしているものである。訪問者は、ろうそくと線香を灯して祈願することができる。祈りが終わると砂と灰が詰まった大きなつぼに、火のついた線香が置かれる。ドアのところには、私よりも背の高い線香がある!

上記以外には、ヒンズー教の寺も含んで他様々な寺がある。もしすべての寺を見学したい場合は、最低2日は必要だ。

マラッカの川沿いを、夕食後ぶらついているとやさしいクールな空気が私の顔をなでる。散歩道が暗く静かなので、もうこの辺で寝るとしよう。

私がここに述べたのは1日だけ過ごしたのマラッカであるが、もし時間に余裕があれば、見物するところはこの他にもたくさんある。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*