4つのマレーシア洞窟の冒険

マレーシアの主な半島とボルネオ島には広範囲に渡る鍾乳洞に恵まれています。そのほとんどが前世紀に初めて調査され、いくつかはマレーシアのヒンズー教徒と仏教徒の重要な宗教的神殿へと発展しました。文化的な面が見られなくとも人気のある洞窟はその規模の大きさが有名です。もう少し頑丈な洞窟は国立公園に位置しており、ガイドツアーを通して探索することができます。また、付近の街で洞窟探検を予約できる場合もあります。

マレーシアの「洞窟探検」の歴史はまだ浅いですが、それもまた魅力の一つでもあるのです。ツアー計画はよく練られているものの、時として探検家のチャーターグループの一員のような気分に浸ることができます。

ここで、マレーシアで最もよく知られている洞窟をご紹介します。

バトゥ洞窟

クアラルンプールから7マイル北にあるバトゥ洞窟はマレーシアでは最もアクセスしやすい洞窟です。これは組織の一部でこの他にもより大きな3つの洞窟と小さめのものがいくつかあり、猿の一族の住処となっています。地元のベンダーからはピーナッツとバナナを買うことができますが、注意してください。この霊長類は非常にずる賢く、餌を求めてあなたの財布やかばんをひったくりかねません。

The entrance to Batu Caves.

バトゥ洞窟への入り口。撮影:Redtigerxyz、Wikimedia Commons

この洞窟はヒンズー教の洞窟でもあり、敷地内には神殿と寺院があります。毎年初めに行われるタイプーサム祭りには数百から数千人のヒンズー教徒がこの洞窟に集まります。この祭りはヒンズー太陰暦の第十の月にあたり、実際の日にちは毎年異なりますが通常は1月の下旬に行われます。

幸いにもこの祭りが行われている時期にクアラルンプールを訪れると、専門の方と共にスリ・マリアマン寺院に参加することができます。信者たちは荷物(大抵は象徴的な色鮮やかな水差し)をホックピアスで身体に繋げるようにして抱えています。

霹靂

もう一つの神聖な洞窟、霹靂洞はヒンズー教徒よりも中国仏教徒を魅了しています。イポーにはおよそ30の洞窟がありますが、この洞窟が最も有名です。仏僧のチョン・セン・イーが1920年代に開発を始め、いくつかの壁画や壁のカリグラフィーに貢献しています。

A mural on the walls of Perak Cave, Malaysia.

マレーシア、霹靂洞の壁画。撮影:Hannah 50Wikimedia Commons

ここは鍾乳洞の複雑な組織であり、神社や祭壇に富んだ、マハヤナとテーラワーダ仏教の美しい融合を映し出しています。テーラワーダは数世紀前にこの半島に現れた仏教徒の信念から生まれたものであり、逆にマハヤナは中国商人と労働者と共にイギリス植民地全盛期に到来しました。

メイン洞窟に入ると中央の裁断の後ろには階段があり、洞窟深くまで続き、最終的にはヒルサイドの反対側への入り口へと導いてくれます。そこをくぐるとイポー近郊が見渡せるパビリオンにたどり着きます。合計450段の階段がこの見晴らしのよいポイントへとあなたを導いてくれるのです。

ディア鍾乳洞

もっと険しくごつごつしたものを求めるならマレーシア半島の洞窟を離れてボルネオ島へ向かうことをおすすめします。サラワクのミリのすぐ外には1960年代に初めて調査された、ぽっかりと空いたディア鍾乳洞があります。ツアーガイドが必ず指摘するのがここのメインチャンバーの大きさです。ロンドンのセント・ポール大聖堂が5つも収まる十分な大きさがあります。この中を冒険はスケールアップしたエクササイズと言ってもよいでしょう。

ディア鍾乳洞はグヌンムル国立公園の最大の目玉であり、UNESCO世界遺産でもあります。汚されていない昔のままのボルネオなのです。この鍾乳洞へ行くには森林の中を2時間歩かなければなりませんが、その前に昼下がりの公園本部でツアーグループに参加しなくてはなりません。観光客だけでこの鍾乳洞へ行くことは許されていませんが、これも森林のありのままの姿を保つためには必要なことなのです。

公園内にある世界最大の空洞、グッドラック洞窟(Gua Nasib Bagus)もおすすめです。

ゴマントン洞窟

もう一つのボルネオ観光地であるゴマントン洞窟はサバ州の雨林保護区に位置しています。ここから一番近い都市はサンダンカンであり、片道だけで2時間かかるため、観光は丸一日かかると思います。

Gomantong Cave, Malaysia

マレーシア、ゴマントン洞窟。撮影:Laura、Wikimedia Commons

ゴマントン洞窟では旨みのある鳥の巣スープ業界を大きく支えるアマツバメの群れが有名です。観光時期をうまく計画することができれば(3月下旬または9月上旬)作業員がおそよ高さ90メートルある洞窟の壁の足場から巣を収集している姿を見ることができます。鳥の巣のスープは中国の歴史に長く続く食の追求の一つなのです。巣は卵を産む前に収穫されてしまうため、親鳥はまた新たに巣を作ることになりです。

ラッキーな観光客は付近でオランウータンも見られるかもしれません。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*